ペットがいる人にオススメの旅行方法とは?

ペットと一緒に利用できるところを探す

ペットは大切な家族の一員です。そのため、旅行に出掛けるときはもちろん、長時間留守にするときは気を使うことが多いですよね。それ以前に、旅行やお出掛けを控える人もいるかもしれません。しかし、日頃の疲れを癒したり気分転換したりするためにも、旅行に出掛けるメリットはが注目されています。もし、可能ならペットと一緒に旅行に出掛けましょう。特に、犬の場合は受け入れ先が多い傾向があります。日帰り旅行の場合は、ドッグカフェなどペット同伴で利用できるお店がありますよね。ドッグランに立ち寄って運動不足を解消することもできます。宿泊を兼ねた旅行をするときは、ペットと一緒に泊まれる宿泊施設を探した上で、ゆったりとした計画を立てましょう。

ペットにお留守番をしてもらう

旅行先にペットを連れて行けないときは、ペットにお留守番をしてもらうことを考えましょう。ペットにお留守番を頼むときは旅行のときだけでなく、友人の結婚式などに出席する場合もありますよね。いざというときに慌てないためにも、ペットの面倒をみてくれる人を探しておくことが大切です。実家が近い場合は、ペットの世話に来てもらう方法やペットを連れていく方法もあります。もし、身近にペットをお世話してくれる人がいない場合は、ペットホテルを探しておきましょう。また、利用に関する情報を調べておくとスムーズな利用ができて安心です。なお、近場へちょこっと出掛ける場合は、会社勤めのときとようにペットにお留守番してもらうこともできますが、少しでも早く帰宅することをおすすめします。

キャンピングカー

旅行だったら車で行く?電車で行く?自分にあった魅力のある行き方を決めよう

自動車で行く旅行の魅力

旅行に行く際、多くの人が車か電車を利用します。車の場合は、高速道路代金はかかりますが人数によっては旅行代金が少しお得になることもあります。車で旅行に行く魅力は沢山あります。まず、駅から遠く離れた宿やレストランでもバスの時間を気にすることなく、気軽に行けるのが嬉しい魅力です。特に、大自然を観光したい時などは車で行くと便利です。観光で必要になる、傘や帽子、着替えなどが多くなると大変ですが、車であれば荷物ガ多少多く持ってしまっても、車に積んでしまえば安心ですね。もちろん、お土産を買いすぎてしまっても心配いりませんね。高速道路では、サービスエリアでご当地グルメなどを楽しんだりお土産を購入することも出来ます。

電車で行く旅行の魅力

車と比べると時間の制約があるように感じてしまう電車ですが、魅力は沢山あります。何より、運転しなくて良いので、行き帰りの道のりでの疲れが軽減されます。車内でご当地の駅弁やビールを楽しみながら、仲間同士で会話を楽しみつつ目的地に向かうことができるのが、電車の魅力です。込んでいる時期でも指定席を予約すれば、安心です。また、目的地までどの電車に乗っていくのか考えたり、見知らぬ駅でホームを探したりすることも旅の醍醐味です。駅から目的地が離れている場合は路線バスやタクシーを使えば問題ありません。路線バスは時刻が心配ですが、事前に調べたりするのも一つの楽しみです。もし、お土産や荷物が多くなってしまった時などは、宅配便で荷物の一部を自宅や宿に送るのも旅の技の一つです。

タビマスターズ

旅行にあると便利!小さくまとめて持って行きましょう

移動中を快適に!疲れさせない移動にしましょう

旅行に出掛ける際には、極力荷物は少なくしていきたいですよね。移動の際に邪魔になったり、荷物を運ぶだけで疲れたりした経験ありませんか。ですが、移動に時間がかかる場合、その時間を快適に過ごしたいという思いもあるでしょう。そこで、極力荷物を増やさずに持っていける便利な物を紹介します。まずは首枕です。長時間座っての移動は、体が痛くなったりしますよね。そんな時に首枕があると便利です。自分で空気を入れるタイプの販売もありますよ。使い終わったら空気を抜けば、小さくなりますし安心ですね。更に夜に移動がある場合は、アイマスクもあるといいでしょう。こちらもたいした荷物にはなりませんので、ひとつ持っていると安心です。そしてもうひとつ、スリッパもあると足元が楽になります。折りたたみ式等の小さくまとまるスリッパを持って行けば荷物になることもないので、便利ですよ。

移動中も旅行の一部ですよ

旅行は移動時間が長くなってしまいますよね。けれどその分遠くに行けるのでワクワクも増します。新幹線や飛行機、バスや車での移動中も旅行の一部です。ガイドブック等を持ちこんで、旅行先についてからの計画立てをしましょう。みんなで話しながら計画を立てれば、楽しみが増えること間違いなしです。その際は、他のお客様に迷惑がかからない程度の声で話しましょうね。更に移動中の楽しみといえば、食事です。駅弁を買うもよし。車の方はサービスエリアで楽しむもよし。これらの計画まで立てれば、移動中も全く苦にはならないのではないでしょうか。長時間の移動だからこその楽しみ方はたくさんあるのです。この時間から旅行が始まっているので、思いっきり楽しみましょう。

ホームエクスチェンジ

暑いのはいや!真夏の旅行ではどこに行けばいい?

屋内の観光名所が多い場所に行きましょう

夏だからって外を観光する必要はありません。室内の観光名所がたくさんある場所を選べばいいのです。定番としては、その土地の文化や歴史に触れることができる郷土資料館や博物館です。その町の成り立ちや変化、流れている川の名前やそこに住む魚などに詳しくなって、がぜん観光地に親近感がわいてくるはずです。夏休みだと特別イベントが開催されていることも多いので、美術館や科学館などもいいですね。普段足をむける美術館などはどうしても限られてくるので、旅先でしか見られない絵画や技術にこの機会に触れておくのも面白いものです。観光地にドームや大きな体育館などがあれば夏のイベントが行われていることも多いのですが…こちらは屋内とはいえ大混雑が予想されます。室内でも外と変わらない暑さになるでしょうからそこは注意です。

やっぱり高原は夏の旅行にぴったり

外で観光したいのであれば、高原が涼しくてお勧めですよ。気温は標高が100m高くなると0.6℃ほど低くなりますし、さらに森に入れば木々が太陽の光を遮って心地よい空間を作ってくれます。汗をダラダラとかくこともなく、のんびりと旅行先を散策することができますね。さらに名所に滝があれば是非とも行ってみましょう。うっすら感じる水しぶきが肌に心地よく、滝の流れる音が耳に優しく響き、全身からα波が出るのを感じることができるでしょう。高原は避暑地として整備されていることが多いので、高層ビルが少なく風が通りやすい街並みになっています。宿泊先で寝るときもいつもの寝苦しい夜とは違い、エアコンなしでも涼しく気持ち良く眠りにつくことができるでしょう。

タビマスターズ

涼しい猪苗代でリゾート気分!猪苗代お勧めスポット

涼しい猪苗代で避暑地気分を堪能して

福島県猪苗代町は、福島県でも屈指の避暑地として有名です。猪苗代湖付近はそこそこの暑さになりますが、真夏でも薄手のカーディガンがほしくなるほど涼しく、レジャー施設も豊富なため、避暑地として訪れるにはぴったりの場所です。広大な自然や磐梯山を眺めたり山登り、猪苗代湖でマリンスポーツを楽しむ、釣り堀で魚を釣る、近辺の観光施設や博物館を見学するなど、夏にやりたいことが猪苗代町一つで堪能できてしまいます。また、温泉街の多い会津若松市やラーメンで有名な喜多方市も猪苗代町から近く、猪苗代を楽しんだ後にラーメンを食べ、温泉に入るということも可能です。もちろん、猪苗代町にもリゾートホテルがありますので、そのままお泊りもできますよ。

猪苗代町の見逃せない観光スポット

具体的に猪苗代町の観光スポットを挙げると多すぎてきりがないのですが、押さえておきたいのは、「猪苗代緑の村」、「猪苗代湖」、「世界のガラス館」、「野口英世記念館」の4つです。猪苗代緑の村は、淡水をテーマにした水族館と、釣り堀での魚釣りを楽しむことができ、釣った魚はその場で調理してもらえます。猪苗代湖はマリンスポーツにうってつけです。周囲に温泉施設やお土産屋、ソフトクリーム屋があるので、ファミリー層にもお勧めできます。世界のガラス館と野口英世記念館もファミリー層向けです。この二つは道路を挟んでほぼ真向いにあるため、移動も楽ですし、小学生の自由研究にも向いてるでしょう。最後は宿泊施設ですが、キャンプ地も兼ね備えたレジャーホテルもありますので、1泊目はキャンプ、2日目はホテルに宿泊というプランも可能です。ファミリー層にも、それ以外の方にもお勧めできる万能避暑地、それが猪苗代町です。

旅行写真

旅行を楽しくするために!簡単なノウハウはこれだ

予定の詰め込みすぎは厳禁!旅行は余裕を持って

知らない街へ、昔暮らしていた町へ。色々な目的を持って旅行へ行く人はいますが、その予定表はちゃんと余裕をもって作っていますか?スケジュール帳にぎっしりと予定を詰め込んでしまうと、せっかくの旅行が疲れるだけになってしまいます。例えばこのお店に行って、どれだけの時間以内に散策して次のバスに確実に乗って…、なんて予定の立て方だと時間に追われることになります。逆にこれだけの時間をとっておけば色々と探索できる、くらいの余裕を作っておきましょう。せっかく旅行に行くのですからゆったりと散策する時間は作っておきたいものです。時間があると精神的に余裕ができるだけでなく、意外なお店が発見できたりするなど楽しみが増えるため、旅行をさらに楽しむことができます。

何をしたいのかを明確に!旅行の醍醐味は楽しむこと

旅行の予定を作るとき、まずは一つだけこれは絶対にはずせないという予定を作ってみましょう。次にできればここは訪れておきたい場所、時間が余っていれば訪れておこうかという場所、と少しずつランクをつけていきます。そうする事で必要な予定ほど先に作れるため、必要のない予定は外していくことができます。そのうえで訪れる順番やバスの時間を調べておけば確実でしょう。バスの時間も一つだけでなく、もし乗り遅れた場合はここにタクシー乗り場がある、電車に乗れるなど複数の移動手段を調べておくことも効果的です。あらかじめ下調べをしておけば万が一にも備えられますね。旅行の醍醐味はとにかく楽しむこと!余裕を持った予定や計画を作っておき、帰ってきたとき楽しかったと言える旅にしましょう。

タビマスターズ

こんなに?高速バスの料金の支払い方いろいろ

コンビニエンスストアでも払える

旅行をする場合、高速バスを利用して旅先まで移動することがあるでしょう。当然ながら高速バスを利用する場合には、乗車料金を支払うことが必須です。高速バスの料金を支払うときには、窓口で乗車券を購入して代金を支払うことになります。しかし、それは高速バスの利用代金を決済するときのスタイルの一つであり実はそれ以外にもありますよ。窓口以外で支払う方法としてコンビニエンスストアでの決済があり、これには次のようなメリットがあります。普段の生活で過ごす範囲の中にある店舗で支払えるので、あらかじめ窓口に行く必要がありません。さらに、支払期限までならばどの時間帯でも乗車料金の決済ができるので時間が空いているときに実行できます。

クレジットカードを用いた決済方法

コンビニエンスストアでも支払える他、次のような方法を用いて決済が行えます。それはクレジットカードを使った決済であり、次のようなケースで利用することが可能です。クレジットカードを取り扱っている窓口で使う場合であり、これによって現金以外でも決済が行えて乗車券を購入できるようになります。その次がインターネットを使った決済であり、ウェブ上で高速バスの乗車券を買うときに使用します。この方法を用いることで、ウェブ上で支払いを完了させることが可能です。高速バスの乗車料金を支払うときには、様々な決済手段が用意されています。高速バスに乗車して旅を行う場合には、多代な決済方法を知っておくとメリットになるでしょう。

観光

時間を掛けてゆっくりと!船舶を使った旅行

移動手段に船を選択する

現地までの移動時間を節約したい人は、航空機を利用することがあるでしょう。しかし、それとは反対に時間を掛けて現地まで移動するという選択肢も存在しています。時間を掛けて旅行したい場合には、船舶を利用して移動してみるのがいいでしょう。船舶は時間を必要とするものの、それだけ長く乗船できる上に海からの景色を眺めることが可能です。また、長時間の乗船において船舶には様々なタイプの部屋が備わっているので寝起きをすることができるようになっています。さらに、船内にはレストランの他に売店や娯楽上も整っているので時間を過ごせます。ゆえに、長い時間を船の中で過ごすことになっても色々な過ごし方ができるので退屈しのぎになります。

割引を活用してお金を安くしよう

船舶による移動を決意したならば、予約をしてなおかつ料金の支払いが必要です。このとき、割引を活用することによって乗船で求められるお金を安くできるようになります。船舶会社の中には割引を実施しているところもあるので、乗船予定の船にそのような制度があるかどうか調べてみましょう。また、船に備え付けられている部屋に関しては安いものから高いものまで別れています。そのため、安い値段に押さえたい場合においては一番料金が低い部屋と割引を使うことで乗船代金を抑制できます。このように、料金を安くできる工夫をすることにより移動に必要なお金を低下させる効果が生じてきます。船旅に出るときには、このことを覚えておくと代金の節約になってきますよ。

旅行

家にからで旅行に行ってみよう!旅行先の決めるときのコツ

ネット検索で満足しないで

学生なら学校の授業やバイトがあり社会人なら仕事があり、旅行に行く時間があるなら寝ていたいという人も多くいます。実際、ネットが普及して、現地に行かなくても画像検索やその都市を紹介するホームページを見ているとだいたいのことはわかります。ですが、これは実際に頭で理解しただけです。そもそも、人間には五感があり、見て、聞いて、食べて、触って、感じて、初めてそのものを本当の意味で理解したことになります。ネットでの検索結果を見ても、これ自体は視覚から情報を仕入れて頭で理解するだけなので、旅行に行った場合と比べると、まったくそのものを理解していないなんてことになってしまいます。そうならないように実際に興味のある場所や都市に行ってみることが大切です。

旅行先ってどうやって決めるの

そもそも、旅行に行こうと思って行き先を考えても直ぐに決まらないなんてことも多いですよね。考えていくうちに、めんどくさいから行くのをやめようと旅行自体を行くのをやめてしまうなってこともありますが、行き先を決めるときに重要なのは、自分がどうして旅行に行きたいのかを明確にする必要があります。旅行に行こうという理由には、例えば、勉強や仕事などが忙しくゆっくりとした時間をとりたいという理由から、とにかく遊びたい色々なアクティビティ―をしたいまで様々ありますが、この理由をはっきりさせることが大切です。例えば、ゆっくりしたい時間をすごしたいのに遊園地やボルタリングなどをたくさん盛り込んだツアーに参加したりすると結局疲れただけなんてことにもなりかねません。

観光協会

こんなはずじゃなかったのに!!(怒)旅先でのトラブルあるある

ホテルが気に入らない!食事がまずい!

ストレスフルな日常生活をほんの一時でも忘れることのできるもの、それは“旅行”です。普段学校や会社のルールに縛られ、息苦しい思いをしている人も、旅先では解放感を実感できるでしょう。しかし旅先だからと羽目を外し過ぎると、旅の同行者との揉め事や喧嘩といった事態を引き起こし、人間関係にひびが入ってしまう恐れがあります。今回は、旅先で起こりうるトラブルをご紹介しましょう。【ホテルが気に入らない!】小汚い部屋よりは当然きれいな部屋を好むと思いますが、予算の関係上仕方のない場合もあります。旅行の前に同行者としっかり打ち合わせをし、予算と宿泊場所を吟味する必要があります。もしも宿泊場所が想像より下だったとしても、それを表情や態度に出すのは控えましょう。【食事がまずい!】せっかくの旅行ですから、ご当地グルメを堪能したいところです。旅館等では食事付きの場合も多いでしょう。その食事が残念な結果となってしまったら、やはりおもしろくはありません。ただし、あからさまに不愉快な顔をしてはいけません。同行者や旅館の仲居さんたちの雰囲気を悪くしてしまう可能性があります。

もう友達をやめる!!

最も避けたい旅先のトラブルは、同行者との喧嘩ではないでしょうか。どれだけ雰囲気が悪くなったとしても、自分だけ宿泊先を変えることは難しいでしょうし、先に帰ることだってはばかられます。ずっと共に行動していれば、それまで気付かなかった相手の欠点が目に付くこともあるでしょう。逆もしかりです。それまで一度も喧嘩をしたことがない親友同士が、旅行先では事あるごとに衝突し、その後友人関係の存続すら危ぶまれたという人たちを知っています。心が解放的になるあまり、普段は口にせず我慢していることも、感情の赴くままについ口に出てしまうことも考えられます。どれだけ仲が良くても、相手を尊重し、礼儀をもって接することが大切ですね。旅行が素敵な思い出になるように、“親しき仲にも礼儀あり”を忘れずにいたいですね。

旅芸人